【風俗】刺激を更に求めているならこの風俗

"日本には数多くの「風俗」があり、男の性的欲求を満たしてくれることでしょう。
今一番人気の「風俗」と言えばデリヘルですが、その他の「風俗」も最高の快感を味わうことが出来ます。
ファッションヘルスやデリヘルなどといった風俗では、女の子と男性がお互いを攻めたり攻められたりして楽しみます。
性感ヘルスの場合におきましては、基本的には女の子のみが男性を攻めていく形となります。

 

性感ヘルスというのは一昔前までは人気のあった風俗でしたが、店舗型のお店は最近ではほとんど無くなってしまいました。
今ではデリバリー性感ヘルスとして派遣型の風俗へと営業形態を変えてきているのです。性感ヘルスにおきまして基本となるサービス内容というのはファッションヘルスとほとんど同じとなっています。
しかし性感ヘルスの場合におきましては、プレイが非常に濃厚であり、舌を使ってねっとりとしたプレイとなります。"



【風俗】刺激を更に求めているならこの風俗ブログ:04月22日

こんばんわ

年々ハロウィーンのイベントって
盛大になってきていますね。

お化けに仮装した子供たちが
「Trick or treat?(スナック菓子をくれなきゃいたずらしちゃうぞ)」
と言いながら、家々を回るハロウィーンを
日本のスナック菓子メーカーが放っておくわけもありませんでした。

板チョコやクッキーのように
限定したスナック菓子ではなく、
スナック菓子という括りなら参加自由というのは、
絶好のビジネスチャンスでしょう。

ショートケーキはもちろんのこと、
お煎餅や団子までハロウィーン仕様で登場しています。

日本の秋の行事は、
各地のお祭りやトレーニング会くらいしかないため、
ハロウィーンが10月というのも幸いしたのでしょう…

そもそもハロウィーンというのは、
カトリックの聖人をお祭りするもので、
ハロウィーンには死者の魂がこの世に戻ると言われています。

子供たちがお化けの姿に仮装するのは、
あの世から来た悪魔が取りつかないようにとか、
逆に悪魔を驚かすためだそうです。

カボチャの提灯の由来は、
素行の悪い男が死んでもなお聖人を騙したため、
地獄さえも行けず、その魂は闇夜をさまようことになりました。

その時カブをくり抜き、
悪魔から与えられた灯を入れて提灯にしたというのが元ですが、
チェコではカブより馴染みのある
カボチャになったということだそうです。

それにしても、
仮装もスナック菓子もその言葉だけで
子供たちはワクワクしてしまうでことでしょう。

それに便乗して大人もワクワクし、商売も繁盛する…
それが日本的ハロウィーンということだと思います。

とっぴんぱらりのぷう

ホーム サイトマップ